読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

onlinezemiのブログ

オンラインゼミでは、インターネット経由で一人ひとりにあった学習指導を提供しています。英会話や、小学講座、中学講座、高校講座、英検対策、不登校児童生徒のサポートまで、様々な個別の指導を提供します。はてなブログでは、指導内容や講師の紹介などをしていきます。

怠け者受験生必見!? 過ごし方次第でその後の人生が左右される!?

高校3年生の夏休みは、過ごし方によって、その後の人生が左右されるといっても過言ではないくらいとても大切な時期です。

 

時間がたっぷりあると思っていても、夏期講習や、塾の宿題をやっているとあっという間に夏休みも終わってしまいます。最悪、スケジュールを立てることが出来ても、いざ夏休みが始まると怠けてしまったり・・・

 

そんな人たちのために夏休みを効率よく勉強する方法をお教えしましょう。

 

高校3年生の夏休みは、受験の天王山といわれています。だから、多くの学生たちはあれやこれやと詰め込んだ勉強スケジュールを立ててしまいがちです。

 

そこでやってしまいがちな間違いを先にご紹介しましょう。

 

【間違い その1】細かい時間割を設定する

多くの人が、この失敗を経験したことがあるかと思います。夏休みはしっかり勉強しようと考えて、学校の時間割のように細かくスケジュールを設定してしまいます。

 

しかし、夏休み後に振り返ってみるとスケジュール通りに勉強したのは、最初の3日だけ、あとはその日の気分で勉強していたというような経験です。

 

「人間はサボる生き物」というのを念頭におきましょう。

細かい時間割を設定していて、もし1度でもサボってしまうと、予定が狂いだしてしまいます。「大学受験は特別だから絶対にサボらない!」と堅い決意をしても、明日の自分はサボるかもしれません。

 

もう1度言います。「人間はサボる生き物」です。それを忘れずにスケジュールを立てましょう。

 

【間違い その2】暗記科目を重点的に勉強する

高校生が夏休みで勉強をしたがる強化が、社会と理科などの暗記科目です。

学校がある日常ではどうしても英語の長文や数学、国語などの主要科目を重点的に勉強しているので、普段やらない社会や理科の暗記科目を勉強したがってしまいがちです。

 

「暗記科目は、日常のスキマ時間でやってしまえ!」

夏休みのようなまとまった時間が確保できる長期休暇では、暗記科目よりも主要科目を重点的に勉強しておく方が効率的です。というのも、暗記科目は机が無いところ、例えば通学中の電車やバスの中でも勉強できます。しかし、主要科目は机が必要な場合が多いからです。

 

【間違い その3】時間はたくさんある

夏休みは約40日間あります。時間に換算すると960時間になります。

時間がものすごくたくさんあるように思えてしまいますが、実際、集中して勉強できる時間というのを考えると、1日6時間が限界だと思われます。

 

人間の集中力はそれほど長く続きません。脳科学的にも研究がありますが、どの調査でも人間の脳は短時間しか集中できないという結果になっています。

 

1日6時間だと、40日間で240時間、10日分の時間ということになります。

そのことから夏休みは思っているより時間が少ないということを念頭におきましょう。

 

www.onlinezemi.com

 

 

では、ここから夏休みにやるべき勉強法を紹介していきます。

 

とにかくスキマ時間を確保せよ

高校3年生がみな時間に余裕のある夏休みをおくっているとは限りません。

例えば、夏休みの時点で部活動に励んでいる高校3年生もたくさんいらっしゃると思います。そうなると夏休みは朝から晩まで部活動という日々になるでしょう。

 

もちろんそうなると予備校にも通えませんし、家か学校で勉強するしかなくなります。

 

しかし、そんな中でもスキマ時間を見つけることで勉強することはできます。

 

例えば、学校まで電車通学で1時間かかるという人であれば、いつもより1時間早く起床し、出発時間を早めます。電車の中で1時間、学校に到着してから部活が始まるまで1時間のスキマ時間を確保することができます。

 

部活が終了して疲れている中、勉強するのは大変ですが、帰りの電車の中で1時間のスキマ時間を確保できます。

 

そうすることで、3時間ほどスキマ時間を確保することができ、部活をやっていない学生たちとの差を埋めることも可能になりますし、部活が終了してからの家での勉強時間を3時間確保できれば、計6時間の勉強時間を確保できるようになります。

 

センター試験の過去問を演習→復習→演習の繰り返し

センター試験の過去問であれば、2時間で1~2教科の試験問題を解くことができますので自習時間にピッタリです。それを順番に解くだけですべての教科を網羅することができますし、回数を重ねることで学力アップしていることを実感できます。

 

過去問のようなボリュームのある問題は夏休みのようにまとまった時間のとれる長期休暇にこそやっておきたい教材です。しかも、センター試験の過去問には充実した解説が載っていますので、予習・復習するのに最適です。

 

オンラインゼミなら

オンラインゼミ高校講座なら、自分のスケジュールに合わせて、授業を受講することができます。さらにスキマ時間を利用して、動画での予習、復習もできますので、夏休みの期間を使って受講するのをお奨めします。

www.onlinezemi.com