読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

onlinezemiのブログ

オンラインゼミでは、インターネット経由で一人ひとりにあった学習指導を提供しています。英会話や、小学講座、中学講座、高校講座、英検対策、不登校児童生徒のサポートまで、様々な個別の指導を提供します。はてなブログでは、指導内容や講師の紹介などをしていきます。

字が汚い子どもの改善のコツとは!?

子どもの字が、ということに悩んでいる保護者は意外と多いようです。

字が雑だとテストのとき、正しい解答を書いていたとしても、減点されてしまうことがあり、損をしてしまいます。

 

もちろん上手に書くとなるとハードルが高いので丁寧に書くということが大切になってきますね!

 

正直な話、大人でも字の汚い人っていますよね。字が雑だと、性格まで雑と思われてしまうのが大人の世界です。

 

ぜひ子どものうちに、丁寧な字を書けるように改善を図っていきましょう!!

 

小学生に上がると子どもがノートをとるようになります。最初は、字の練習ということもあり、1マス1マス丁寧に書いていても、慣れてくると、だんだん雑になっていってしまいます。

 

もちろん、子どもによって個性は異なりますが、特に女の子は、几帳面で、ノートもきれいに、字も丁寧にかく傾向はあります。

 

 

では具体的どのようにすればいいのか?

 

字が雑な事を、叱ったり、書ける字を改めて直させたりするのは、子どもが勉強嫌いになる可能性が有ります。

 

そして、子どもが一番迷ってしまうのは「丁寧な字で書きなさい」という言葉です。

具体性がなく、何をしたらよいかわからない。さらには命令的で、子どもとしても受け入れがたい声かけではないでしょうか?

 

まずは「字をきれいに書いてくれたらうれしいな」これです。

字をきれいに書いたら、褒めてもらえる。喜んでもらえる。という状況が子どものヤル気に一番つながります。

 

 もちろん、褒める人は、保護者だけでなく、誰でも良いのです。

特に先生に褒めてもらえるというのは、格別なものです。

f:id:onlinezemi:20160817235630j:plain