読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

onlinezemiのブログ

オンラインゼミでは、インターネット経由で一人ひとりにあった学習指導を提供しています。英会話や、小学講座、中学講座、高校講座、英検対策、不登校児童生徒のサポートまで、様々な個別の指導を提供します。はてなブログでは、指導内容や講師の紹介などをしていきます。

学習性無気力とは!?

ある心理学の実験です。

 

犬小屋と、1匹の犬を用意します。

犬は、犬小屋に鎖でつながれています。

 

特殊な仕掛けで、床から犬に電気ショックを与えました。

 

すると驚いて、犬は逃げようとします。しかし、鎖でつながれている為

逃げることはできません。

 

この電気ショックを、何度も繰り返しました。

犬は必死で逃げようとしますが、やはり鎖のせいで逃げられません。

 

さて、何百回も電気ショックを繰り返したところで異変が起きます。

 

どのようなことが起きるのか・・・

 

それは、最初は逃げようと暴れていた犬が、暴れなくなってしまうのです。

「どうせ逃げられない」と思い、逃げる努力をしなくなったのです。

 

さらに驚くのは、その後です。

 

犬につないでいた鎖を外し、自由に動ける状態にしたとき。

 

電気ショックを与えても、犬は逃げようとしないのです。

 

「何をしてもムダだ」と学習して、無気力になってしまったのです。

 

これを心理学では「学習性無気力」といいます。

 

心理学の実験ではありますが、現在社会の問題となっている

ニート問題と似ているように思えます。

 

f:id:onlinezemi:20160817224322j:plain

 

自分も今、この犬のような状況になっていないか?

 

問いかけることです。

鎖につながれているのは、思い込みです。

 

すでに鎖は解かれ、自由に動ける状態です。

やるべきことは、ただ1つです。

 

行動を起こすことです。

 

たとえば就職活動すること。

 

「自由に動ける」と気づくでしょう。

あると思っていた鎖は、もうないのです。

 

今回は、ニートを例に出しましたが、

勉強するときも似たような状態になることがあるように思います。

 

勉強しても、ムダだ、私は頭が悪い・・・

あの人は天才だ、頭がいいから、成績が良い・・・

 

これもただの思い込みですよね。

 

理由を何かしら見つけて、行動しない。

 

とてももったいないことだと思います。

 

「自由に動ける」のに、自分で自分の可能性を閉じてしまっています。

 

自分を否定したくなるときもあるかもしれません。

ただ、行動せず、否定するのはやめにしましょう!

 

初めの一歩が肝心です。

オンラインゼミなら、そんな一歩を手助けすることができます。

 

まずは、無料体験を!

www.onlinezemi.com