読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

onlinezemiのブログ

オンラインゼミでは、インターネット経由で一人ひとりにあった学習指導を提供しています。英会話や、小学講座、中学講座、高校講座、英検対策、不登校児童生徒のサポートまで、様々な個別の指導を提供します。はてなブログでは、指導内容や講師の紹介などをしていきます。

役に立つ資格!? まったく役に立たない資格!?

簡単に取れて、しかも、儲かる資格は何ですか!?」

 

皆さんも一度は考えたことはないでしょうか?

簡単に取れる資格、しかも儲かる資格があるなら取りたいと・・・

 

f:id:onlinezemi:20160816231232j:plain

 

結論から言いますと、社会人や主婦が片手間に勉強して数週間程度で取得できるような資格は基本的に役に立つことがありません。儲かることも、就職や転職にも有利になることもありません。

 

職に困ったり、仕事に不満があったり、将来に不安があると大抵の人が何か資格を取ったほうが良いのでは?と考えます。

 

何年も努力しても合格できないような難関の資格なら、それなりの収入を得ることができるかもしれません、もちろん、そういう資格なら就職にも転職にも役に立つでしょう。学生であれば、より就職活動に有利になるでしょう。

 

しかし、資格は一つの道具であるということを認識すべきです。

 

儲かる仕事といえば、弁護士を思い浮かべる方も多いかと思います。

しかし、弁護士でさえ仕事がなく廃業する時代です。

 

もちろん、弁護士の数が増えすぎたとか、不況で依頼が減っているということも挙げられますが、国内有数の難関試験を合格しても、仕事がなければ意味がありません。

 

資格だけで食べていく時代は終わったのです。

 

では、何が大切なのかといいますと、

 

資格と、「あなたの前向きな姿勢」が大切になってきます。

 

どういうことかというと、「資格を取ったけど社内での評価が変わらない」

と言っている人は、自分でさらにステップアップしようという意識が低いのです。

 

資格のおかげで社内での評価が上がり、給料も増えるということはないのです。

 

「資格を取って独立したけど仕事がない」と嘆いている人は、仕事を自分で取ってこようという気持ちが乏しいのです。

 

資格に頼るのではなく、あくまでも資格は自分を高める道具として、また、自分がやりたいことをするための手段の1つなのです。

 

自分自身を磨くということであれば、オンラインゼミがうってつけです!

www.onlinezemi.com